公表されている生活関連情報について

地域包括支援センター

市町村が設置主体となり、保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等を配置して、住民の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、地域の住民を包括的に支援することを目的としています。
お住まいの住所によって、担当の地域包括支援センターが異なります。

主な業務

総合相談支援業務
高齢者等に関するさまざまな相談を受け、適切な機関や制度、サービスに繋ぎ、必要な支援を行います。
権利擁護業務
関係する機関と連携して、高齢者の権利と財産を守るための支援や、虐待防止の取り組みを行います。
包括的・継続的ケアマネジメント支援業務
高齢者の自立を支援するケアマネジメントの支援として、介護支援専門員(ケアマネジャー)への日常的な指導、相談、助言を行います。
介護予防ケアマネジメント業務
要支援・要介護状態になる可能性のある方に対する介護予防ケアプランの作成や、介護予防に関する事業が円滑に実施されるよう支援します。

生活支援等サービス

見守り・安否確認
地域の自治会や町内会、民間事業者等による高齢者の安否確認や見守りを家事支援等と共に行うサービスです。また、安否確認には緊急時に通報できるサービスも含まれております。
配食(+見守り)
配食だけでなく、訪問時に安否確認や見守りも兼ねたサービスです。
家事援助
買物や掃除、調理、洗濯等の日常生活で必要な家事を支援するサービスです。
交流の場・通いの場
住民やNPO団体等様々な主体によるミニデイサービスやコミュニティサロン等の交流の場、運動・栄養・口腔ケア等の専門職が関与する教室を開催しているサービスです。
介護者支援
介護をしている家族の集いや介護サービスを利用している方の状態維持・改善に向けた知識・技術の教室等であり、介護をする方を支援するサービスです。
外出支援
通院や買い物等が一人では困難な方へ移動支援を行うサービスです。
多機能型拠点
スーパーやコンビニ、飲食店等に介護の相談窓口、サロンや体操教室等多様なサービスを組み合わせたサービスです。
その他市町村が適当と認めるサービス
上記には該当しないサービスです。

在宅医療

訪問診療
訪問診療では、自宅等で療養しており、病気やけがなどで通院できない患者を、定期的に医師が訪問して診療を行います。
歯科訪問診療
歯科訪問診療では、自宅等で療養しており、病気やけがなどで通院による歯科治療ができない患者を、歯科医師が訪問して診療を行います。
訪問薬剤管理指導
訪問薬剤管理指導では、自宅等で療養しており、通院ができない患者を、医療機関や薬局の薬剤師が訪問し、医師の指示に基づき、服薬状況の確認や服薬についての指導・支援を行います。

  • 最初にお読みください
  • 公表されている介護サービスについて
  • 公表されている生活関連情報について
  • 介護保険の解説
  • 関連情報
  • アンケート