どんなサービスがあるの? - 福祉用具貸与

福祉用具貸与

  • 福祉用具を使う
  • 予防

福祉用具貸与は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、指定を受けた事業者が、利用者の心身の状況、希望及びその生活環境等をふまえ、適切な福祉用具を選ぶための援助・取り付け・調整などを行い、福祉用具を貸与します。福祉用具を利用することで日常生活上の便宜を図り、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。


補足で説明します

福祉用具貸与の対象は以下の13品目で、要介護度に応じて異なります。(「車いす」「車いす付属品」「特殊寝台」「特殊寝台付属品」「床ずれ防止用具」「体位変換器」「認知症老人徘徊感知器」「移動用リフト」)は、要支援1・2、要介護1の人は原則保険給付の対象となりません。)
また、自動排泄処理装置は要支援1・2、要介護1・2・3の人は原則保険給付の対象となりません。

特殊寝台および付属品 特殊寝台および付属品
床ずれ防止用具 床ずれ防止用具
体位変換器 体位変換器
手すり 手すり
スロープ スロープ
車いすおよび付属品 車いすおよび付属品
歩行器 歩行器
歩行補助杖 歩行補助杖
移動用リフト 移動用リフト
徘徊感知機器 徘徊感知機器
自動排泄処理装置 自動排泄処理装置

利用者負担

  • ※福祉用具の貸与に係る費用の1割(一定以上所得者の場合は2割)を利用者が負担します。
  • ※費用は対象品目によって異なります。また、要介護度別に1ヵ月間の支給限度額が決まっているため、他の介護サービスとの組合せの中で限度額に応じた福祉用具をレンタルする必要があります。

読み込み中

  • 最初にお読みください
  • 公表されている介護サービスについて
  • 公表されている生活関連情報について
  • 介護保険の解説
  • 関連情報
  • アンケート