どんなサービスがあるの? - 居宅介護支援(ケアマネジメント)

居宅介護支援(ケアマネジメント)

  • 介護の相談・ケアプラン作成

居宅介護支援は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。
居宅介護支援は、特定のサービスや事業者に偏ることがないよう、公正中立に行うこととされています。


補足で説明します

ケアプランは以下の流れで作成されます。

Step1
アセスメント
ケアマネジャーが利用者宅を訪問し、利用者の心身の状況や生活環境などを把握し、課題を分析します。
Step2
話し合い
ケアマネジャーと利用者・家族・サービス提供事業者で、利用者の自立支援に資するサービスの検討を行います。
Step3
ケアプラン作成
課題や話し合いを基に、ケアマネジャーと一緒に利用するサービスの種類や回数を決め、サービス利用の手続きを行います。
介護サービス
利用スタート
サービス事業所と契約し、ケアプランに基づいてサービス利用がスタートします。

※要支援の方のケアプランは地域包括支援センターが作成します。


利用者負担

ケアプランの作成にあたって、利用者負担はありません。


読み込み中

  • 最初にお読みください
  • 公表されている介護サービスについて
  • 公表されている生活関連情報について
  • 介護保険の解説
  • 関連情報
  • アンケート